時計部分ではなく、バンドをスマートデバイス化するというユニークなウェアラブルデバイスが「wena wrist active」。

この2世代目となるwena wristが発売されたのが、2018年の今日です。

初代wena wristは、普通の時計に通知機能、おサイフ機能、歩数計機能を追加できるということで注目された製品でした。

2世代目になると3つのモデルに増え、新たに有機ELディスプレイを搭載した「wena wrist pro」と「wena wrist active」、FeliCa機能だけを搭載した「wena wrist leather」が発売されました。

発売時期は製品によって異なりますが、一番最後に登場したのが、wena wrist active。その名の通り、ジョギングなどアクティブに活動する人向けのモデルで、GPSや心拍センサーまで内蔵し、活動量計としての機能が高くなっていたのが特徴です。

現在、wena wristシリーズは3世代目となるwena 3が発売中。Suica対応、音声アシスタントAmazon Alexa対応が追加されたほか、有機ELディスプレイの大型化などが実現されています。

3月9日のおもなできごと

2003年、富士フイルムが「FinePix F410」を発売
2006年、秋葉原UDXが開業
2010年、キングジムがポメラ「DM5」を発売
2012年、レノボが「ThinkPad X1 Hybrid」を発売
2013年、ASUSが着脱型2in1の「TransBook TX300CA」を発売
2016年、Googleの囲碁AI「AlphaGo」がプロ囲碁棋士イ・セドル九段と対局
2017年、ドコモが「Wi-Fi STATION N-01J」を発売
2018年、ソニーが「wena wrist active」を発売

Source: ソニー