着脱式のキーボードを採用し、ノートPCとしても、タブレットPCとしても活用できるのが「Surface Pro 7」。

この2in1ノートPCが発売されたのが、2019年の今日です。

Surfaceシリーズは、マイクロソフトによる本気度の高いPCシリーズ。特にSurface Proはスタイラスペンによる手書き入力にも対応しており、価格は高めながらも人気のシリーズとなっています。

Surface Pro 7では、インターフェースが刷新され、USB Type-Cを搭載したのが大きなポイント。USB PDにも対応し、Surfaceコネクターを使った専用充電器以外でも充電できるようになりました。

CPUは第10世代を採用。性能が向上しているほか、Core i3、Core i5モデルはファンレス仕様を継承しており、騒音を気にせず使いたい人にもうれしいモデルとなっていました。もちろん、自由な角度で使えるキックスタンド、12.3インチで2736×1824ドットの縦横比3:2となる高精細ディスプレイ、最大10.5時間のバッテリー駆動など、実用性の面でも優秀です。

今年の9月には後継モデルとなるSurface Pro 8が発表され、11月1日に発売が予定されています。CPUが第11世代に更新され、USB Type-CがThunderbolt4に対応、120Hz表示ディスプレイ搭載と大きく進化しているだけに、Surface Pro 7が気になっていた人なら、かなりそそられる製品ではないでしょうか。

10月23日のおもなできごと

1997年、日本電気がPC/AT互換機「PC98-NXシリーズ」を発売
1999年、エプソンが「PM-800C」を発売
2008年、チャンビー社が日本で「Chumby」を発売
2009年、ニコンがプロジェクター内蔵カメラ「COOLPIX S1000pj」を発売
2013年、auが「Xperia Z1」を発売
2015年、リコーが全天球カメラ「THETA S」を発売
2017年、グーグルが「Google Home mini」を発売
2019年、マイクロソフトが「Surface Pro 7」を発売
2020年、サムスンが「Galaxy Watch3」を発売
2020年、Belkinが「SOUNDFORM ELITE Hi-Fiスマートスピーカー」を発売

Source: マイクロソフト