AirPodsで採用されたW1チップを搭載し、ネックバンド型のワイヤレスイヤホンとして登場したのが「BeatsX」。

このイヤホンが発売されたのが、2017年の今日です。

完全ワイヤレスのAirPodsは、その手軽さから大人気商品となりましたが、耳の形の個人差や着け方によっては落としやすく、片方だけ失くしてしまった……という話は意外と多くあります。

その点BeatsXは、片方外れてもスグには落ちないネックバンド型を採用。しかもAirPodsと同じW1チップを搭載していますので、シームレスなAppleデバイス間の切り替え、操作の手軽さも同じで、AirPodsのネックバンド型が欲しいと思っていた人にうれしいモデルとなりました。

価格は税別1万4800円。後に付属品を減らして1万1800円へ値下げされたほか、最終的に9800円にまで値下がりしています。

また、昨年10月には後継モデルとなる「Beats Flex」が登場。こちらは税別5400円と、さらに手頃な価格となりました。

2月11日のおもなできごと

2010年、ソフトバンクが「942SH」を発売
2012年、ソニーが37gのウォークマン「NW-E060」シリーズを発売
2016年、auがAndroidタブレット「Qua tab 02」を発売
2017年、Beats by Dr. DreがW1チップ搭載の「BeatsX」を発売


Soruce: 共同通信PRワイヤー