today

東芝は不正会計問題や子会社による巨額損失などのゴタゴタにより、多くの事業を手放すことになりました。

この一環として、PC事業を担っていた「東芝クライアントソリューション」を買収し、子会社化するとシャープが発表したのが、2018年の今日です。

シャープといえば、古くは独自規格のMZシリーズ、X1シリーズ、X68000シリーズ、そしてWindowsが主流の時代になってからはMebiusシリーズでPC事業を展開してきましたが、2010年に撤退していました。それだけに、東芝から事業を取得する形とはいえ、シャープが再びPC事業に参入するということで注目されました。

個人的には、薄型ノートのMURAMASAとか、PCではないですが小型端末としてZaurusあたりの名前が復活しないかなと期待していましたが……さすがに難しいですよね。結局、Mebiusの名前も復活していませんし。

譲渡完了は、同年の10月1日。なお、翌年2019年1月1日に、社名がDynabook株式会社へと変更されています。

today

6月5日のおもなできごと

2002年、Mozilla Foundationが「Mozilla 1.0」をリリース
2009年、日本エイサーがCULVノートとなるAspire Timelineシリーズを発売
2014年、ソフトバンクが「Pepper」を発表
2017年、ソニーがデジタルペーパー「DPT-RP1」を発売
2018年、PFUが「REALFORCE R2 テンキーレス PFU Limited Edition」を発売
2018年、シャープが東芝のPC事業買収を正式発表