独自のWi-Fi 6 Plusにより、実速度の高速化を実現したというのが「HUAWEI WiFi AX3」。

このWi-Fiルーターが発売されたのが、2020年の今日です。

既存帯域の効率化を高めることで高速化。Wi-Fi 6 Plusに対応する機器(HUAWEI P40 Proなど)であれば、より高速な通信が可能となります。もちろん、基本的にはWi-Fi 6に対応したルーターなので、独自の高速化は使えないものの、Wi-Fi 6に対応する機器で普通に利用できます。

9980円と低価格ながら160MHzバンドに対応しているため、最大2.4Gbps(理論値)での通信が可能。Wi-Fi 5においてもレイテンシーを抑えているとのことで、スマホやタブレットの消費電力が下げられるというのもメリットとしてうたわれていました。

これ以外にも、Huawei Shareを使った簡単接続に対応し、NFCを備えたAndroid機であれば、かざすだけで接続設定が完了するという手軽さが魅力でした。

8月14日のおもなできごと

1991年、「エヌ・ティ・ティ・移動通信企画株式会社」設立
2004年、ドン・キホーテが「ドン・キホーテ秋葉原店」をオープン
2020年、ファーウェイが「HUAWEI WiFi AX3」を発売

Source: ファーウェイ