格安スマホ事業を手がけるトーンモバイルは、子どもの見守り機能やiPhoneとのファイル共有をしやすくしたスマホ「TONE e21」を4月14日に発売します。

価格は2万1780円(税込み)で、同社のWebサイトでは、4月1日から13日まで予約を受け付けます。

最大の売りは子どもの見守り機能を備えること。具体的には、地図上で子どもの居場所を把握したり、AIで子どもの歩きスマホを検知し、親に通知する機能を搭載します。

メッセンジャー機能や不適切な自分撮りを防止する機能も備え、端末本体のカメラを起動中にAIが裸などの不適切な被写体を検知すると、撮影や保存ができなくなります。

また、「#いまどこ」と質問すると、子どもの位置情報を知らせてくれる機能を搭載し、今後は「#いまなに?」と質問すると、子どもが普段利用するアプリを教えてくれる機能も搭載予定とのことです。

TONE e21
▲見守り状況を細やかにレポートしたり、家族間でやり取りができるメッセンジャー機能を搭載
TONE e21
▲ダッシュボードでは、COCOAのデータやサイトの閲覧履歴、歩数、よく行く場所などの情報を確認できる

1契約で090と050の電話番号を所有できるのも特徴のひとつで、どちらの番号も詐欺電話などの可能性がある着信をAIで検知し、画面に警告を表示する「あんしん電話」機能を利用できます。

新機能の中でも特に注目したいのがiPhoneとのファイル共有が手軽になった点です。本機とiPhoneをBleutoothで接続し、専用アプリ「One Drop」で写真や動画などのデータを送りあえます。

iOS端末同士のようにアプリ不要でファイル共有ができる、というわけではありませんが、AirDrop のようにワンタップでファイルを共有できるイメージです。

TONE e21
▲近くにあるiPhoneとのファイル共有もかんたんに行えるという

健康意識向上につながるという機能も搭載。こちらは過去2か月分の運動・身体活動実績を評価するほか、個人の運動量に応じた目標値を提案し、それを達成したユーザーにTポイントを付与します。

TONE e21
▲健康管理機能も搭載

  • OS:Android 10

  • プロセッサ:MediaTek Helio P35(MT6765V)

  • メモリ:6GB

  • ストレージ:128GB

  • 外部ストレージ:microSDXC(最大256GB)

  • 4G:Band 1 / 3 / 8 / 19

  • 無線LAN規格:IEEE802.11b/g/n/ac準拠

  • Bluetooth:5.0

  • ディスプレイ:6.53型液晶(2430x1080ドット)

  • アウトカメラ:約4800万画素のメイン/約800万画素の広角/約200万画素のマクロ/約200万画素の深度測定用

  • インカメラ:約800万画素

  • バッテリー容量:4000mAh

  • サイズ:77x8.85x162.4mm(幅x奥行きx高さ)

  • 重量:約185g

Source : トーンモバイル

関連記事: