engadget

凸版印刷がイヤホン型脳波デバイス「b-tone」を9月8日に発売します。耳に装着してヒトの集中状態を推定できるといい、職場の従業員や、学習塾などでの生徒の集中データを可視化し、生産性や学習効率の向上に役立てられるとうたっています。

「b-tone」は、耳に装着することで、側頭部から脳波を計測可能。また、心拍・3軸加速度センサーも備え、集中度やストレス・活動量・首の動きも可視化できるといいます。イヤホンとしても利用でき、装着しながら遠隔授業やテレビ会議にも参加できます。

engadget

また、「b-tone」で推定した集中度をもとに、チーム構成やオフィスのレイアウト評価に繋げられるほか、遠隔授業で生徒の様子を可視化したり、集中データの蓄積による授業やコンテンツの評価も行えるといいます。

価格は、b-tone端末1台と専用アプリがインストールされたスマートフォン1台、その他付属品を含んだパッケージ1式で8万円。そのほか、システムランニング費として月額8000円がかかります。

凸版印刷は「b-tone」を活用した各種ソリューションをオフィス・学習領域に展開し、2025年までに関連受注を含めて、累計約10億円の売上を目指すとしています。

Source:凸版印刷