骨伝導イヤホン「Touch Bone」を使ってみたらビッグヘッド族でも快適だった。│世永玲生の電網マイノリティ

動画視聴やZOOMでのミーティングに関しては快適そのもの

世永玲生(Reo Yonaga)
世永玲生(Reo Yonaga)
2020年09月18日, 午後 12:01 in earphones
0シェア
FacebookTwitter

こんにちは、世永玲生です。とても頭がデカいです。既製品の帽子の「フリーサイズ」に良く「なにがフリーやねん」と絶望してます。

さて、僕のようなビッグヘッド族につきましては、リモートワークでの長時間のヘッドホンの装着は苦行です。2時間程で耳が痛くなります。

「通勤時の長時間マスクも耳が痛くなるけど、リモートも頭大きいと色々辛いわ」

と、チャットで愚痴をこぼしていたところ。

「ええもんあるで、発売前やけど送ったるわ。」

とのことで、発売元のCheeroの社長の娘さんから、ユーザーテストを兼ねて新商品「Touch Bone」を送ってもらったので、その感想をお届けします。

痛くな〜い、耳が解放される気持ちよさ

Touchbone
Engadget Japan

さて、早速アンパッケージ。箱は小ぶり。

Touchbone
Engadget Japan

付属品も最小限なシンプルな構成です。

touchbone
Engadget Japan

骨伝導イヤホン/ヘッドホンは、骨に振動を伝えることで音を聴くことができる仕組みです。

この「Touch Bone」はこめかみのちょい下に挟み込む感じで装着するタイプ。

Touchbone
Engadget Japan

ご覧の様に耳を圧迫する形ではありませんので、長時間つけてても痛くな〜い!

これは解放感がヤバいです。

自己責任でお湯につけて若干幅を広げたらもっと楽になるでしょうが、僕の大きな頭でも、数時間であれば問題ない程度の圧迫感。

もしかしたら運動時に使うかもしれないので、とりあえずデフォルトのまま使ってみます。

シンプルな操作方法

操作に関しても最低限の機能に押さえていて、そこがとても好印象。

Touchbone
Engadget Japan

「+」と「ー」、そしてボタンだけで操作するので楽ちんです。

ビジネス用に絞って、音楽プレイヤーの操作機能すら無いほうがいいんじゃないかなと思いました。

スマホにかかってきたコールや電話に関しても、着信・保留がイヤホン側から可能です。

気になるスペックは重量34g、フル充電時間1.5時間、連続使用5〜6時間といったところ。

防水性能はIPX5なので、僕ならシャワー等ならそのまま使っちゃう感じです。

動画視聴、ZOOMには◎音楽用としては?

さて、気になるのが音質等々。

結論から先に言いますと、骨伝導イヤホンの特性上、重低音等は正直弱めです。また、電車等での利用はそれなりに音が外から聞こえるのでお勧めしません。

ですが、動画視聴やZOOMでのミーティングに関しては快適そのもの。

音質もクリアで聞き取りやすいですし、リモートワーク中のオンラインミーティングでも、周囲の環境音は聞こえるので何かと安心です。

スポーツ中の音楽鑑賞用としては、音質(迫力)重視の方には向かないかもしれませんが、フィット感も優れていて、「耳が開放されているのが外から見てもわかるデザイン」なのは嬉しいところでしょう。

マイクも内蔵しているので、双方「Touch bone」を使い、Cheeroの社長の娘さんと、通話の方も試してみました。

耳が閉じられてないので、いつものマシンガントークも耳が痛くならないのびっくり。1時間ほど無駄話をしたのですが、通話用途に関しては二重丸です。

なお、このどことなくApple臭のするパッケージのモデルさんは社員さんを起用とのことで「古株の社員のビクトル君やねん。モデルさん分もコスト安くなってるんやで、お得やろ!」とのことでしたが、6000円前後と言う価格は非常にお値打ち。

Touchbone
Engadget Japan

色は2色展開です。

メーカー公式ホームページ

購入は上記リンクよりお試しください。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: earphones, Touch Bone, cheero, zoom, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents