TOYOTA

2020年6月16日、トヨタ自動車は、クルマの衝突事故における人体傷害を解析できるバーチャル人体モデル「THUMS(Total HUman Model for Safety)」を、2021年1月より無償で公開すると発表しました。

「THUMS」は、トヨタ自動車と豊田中央研究所が開発した車両衝突時の全身の傷害が再現・解析可能な世界初のバーチャル人体モデル。1997年に開発がスタートし、2000年に骨をモデル化したVersion1がリリースされました。

TOYOTA

その後、バージョンを重ねるごとに骨や筋肉、内臓を精密に再現したモデルに進化。現在のVersion6では、人体構造をリアルに再現するだけでなく、大人・子供、大柄・小柄といった体形のバリエーションも充実しています。

衝突時に人体にかかる衝撃を非常に細かく計測可能な「THUMS」ですが、実験のたびに破壊されてしまうダミー人形と違い、コンピューター上で繰り返しシミュレーションを行うことが可能です。そのため、衝突実験にかかる開発期間や開発費を大幅に抑えることができるのも大きな魅力です。

トヨタによると「今回無償公開することによってクルマの安全性能向上に貢献したい」とのこと。また、ユーザーそれぞれでTHUMSに改良を加え、その成果を他のユーザーと共有することで、さらなる利便性の向上が狙える見通しも明らかにしています。

Source:トヨタ自動車