Toyota
Toyota

今週月曜日、6月21日は米国では「自撮りの日」と題して、SNSなどに自撮り写真を#NationalSelfieDayのハッシュタグとともにアップするちょっとしたイベントの日でした。そしてトヨタはこの自撮りの日に合わせて、自社開発のロボットが家事をしながら自撮りをする動画を公開しています。

名前が紹介されていないので何と呼ぶのかはわかりませんが、人工知能技術に関する先端研究を行うToyota Research Institute(TRI)によると、このロボットはこれまでロボットにとって難しかったガラステーブルなどの、透明だったり光の反射が多い物体の表面を認識し、反応できるのが大きな特徴です。

これによってロボットは目前の空間にある光沢ある物体を、たとえば鏡なのかまたはガラステーブルやコップなのかといったレベルで把握し、必要ならガラスコップを掴んで移動させたりもできるようになりました。動画でも、ロボットがガラスのコップを掴んで移動させながらテーブルを綺麗に拭う様子が紹介されています。

TRIはこうした本来難しかった処理をロボットにこなさせるため、現実の物理的な環境で長時間学習させるのではなく、3Dジオメトリーとシンセティックデータ(合成データ)を使った学習方法を適用しました。AI向けイメージトレーニングと言えるかも知れません。

現在のところ、この名無しロボットは掃除やその他家事見習いの仕事を覚えることに注力しているようで、それがTRIの目標でもあるようです。TRIは人の仕事を奪うのではなく、支援するロボットの開発に注力しています。たとえば、お年寄りが買い物は自分で行きたいけど、重い荷物は誰かに運んで欲しい…といったニーズに応えるロボットが将来生み出されるかもしれません。ただ、ロボットが自分が仕事をしている様子を日常的に自撮りする必要はないとは思われますが。

Source:Toyota Research Institute