1台で4領域の筋肉を鍛えられる『YUNMAI』でストイックな筋トレをしました

筋トレに自信のある方、ぜひやってみてほしい

ジュンヤマグチ
ジュンヤマグチ
2020年08月26日, 午後 06:45 in greengadget
0シェア
FacebookTwitter
main

KOKOBIがGREEN FUNDINGにて1台で4領域の筋肉を鍛えられるプッシュアップスタンド『YUNMAI』のプロジェクトを実施中です。価格は1個4980円(本来の定価)ですが、20%OFFなど割引価格で購入できます。

Engadget

「筋トレ、してる?」

このセリフ、筆者にはもう耳にタコができるほど聞いたものになってしまいました。いわゆる、おうち時間が増え、運動をしなくなったと思われる人は必ず聞かれたことだと思います。筆者も友人から仕事関係の人から両親まで、ありとあらゆる人に聞かれました。

そのたびに「あー、筋トレね〜。うんうん流行ってるよね〜。」くらいで返答していました。まぁお察しの通り、筋トレはほとんどやっておりません....。運動といえば自転車でちょっと出かけるくらい....。現在コロナ太りの真っ只中にいます。

そんな怠けきった身体を持て余している筆者、今回試用していくのは1台で4領域のトレーニングができるプッシュアップスタンドです。ある意味、今月一番怖い検証かもしれない....。

image
▲こちらが今回の製品『YUNMAI』赤や青のラインが交差しているのがプッシュアップスタンド。ハンドルと付属品のバーテープ。
image

プッシュアップスタンドは持ってみてもこんな感じ。ハンドル込みの重量で1.24kgなのでスタンド本体では800g行かないくらいですかね。片手でも軽々。ABS素材で剛性も問題ないでしょう。

折りたたみ状態での幅は30cmほど。厚みも3.5cm程なので収納場所にも困りません。

image
▲ハンドルもこのように収納可能。

筋トレ検証前に注意点を。スタンドを開いた状態を固定するものがないので持ち運ぶときは必ず折りたたみましょう。変に荷重がかかって折ったりしないように。

image
▲製品裏側はこんな感じ。

よし.....!見た目のインプレッションは以上なのでいよいよ筋トレ検証に......!

image
▲スタンドを開いてハンドルを装着するだけ。

『YUNMAI』の最大の特徴は色分けされたエリアごとに鍛えられる筋肉が違うということ。内訳は

ブルー:胸筋
グリーン:上腕三頭筋
レッド:肩
イエロー:広背筋

以上の4領域。筋肉を鍛える目的のほかに、エリアによっては(レッドの肩など)肩こりの解消にも一役かってくれます。おうちでお手軽に筋トレするだけでなく、リモートワークで凝り固まった身体をほぐしていきましょう、というのは嬉しいですね。退勤後3秒でセッティングが完了するお手軽さもとても魅力的。

そういえば筆者もリモートワーク初期は尋常ならざる肩こりに悩んでいたなぁ.....現在は前より運動するようになったからか、気にならなくなりましたが。(ただ慣れてしまっただけなら怖いな....)

まずはベーシックな腕立て伏せの形になる一番外側のブルーで検証。

正直、めっっっっっっちゃくちゃキツイです。ハンドルを握っている分、よりキツイ体勢で沈みこんでいくため通常よりも負荷がかかっています。筋トレ慣れしている方には普通なのかな....?筆者には今までやってきたどんな腕立て伏せよりもキツイものでした。

学生時代、体力や筋力は人並みかそれ以上はあったと思っていた筆者。「まずは50回くらいかな」なんて余裕をかましていたわけですが、その半分の25回くらいで腕はもうプルプル、胸はパツパツ....。自分の身体がいかになまっていたかを痛感しました。

ただ、より負荷をかけて筋トレできているからか、いまこの筋肉に効いている!!というのは素人ながら実感します。なるほど、これが徐々に楽しくなってくるのか.....身体を鍛えるのも辛いことじゃないのかもな....と思いました。

動画は30回目に突入するかというところ、腕がもう生まれたての仔鹿みたいになっています。動画は5回で終わりますがその間の筆者の苦悶の表情から察してください。動画検証時は床で行っていますが、床に直に置くて使用すると滑ることもありますので、ちゃんと筋トレマットなどを敷きましょう。筆者も動画内以外は適当なタオルを敷いて試用しました。

そして今回の検証で一番効いたのはエリアのレッド、肩の筋トレが一番効きました。

image

まずこの姿勢からキッツイんですが、上記のGIFのようにやってみると......なんだかですね、肩がスッキリする感じがあるんですよ。そして数回でも、ものすごい達成感があります。

筆者の試用している動画じゃないのは、うめき声がうるさかったからです。それくらいキツかった....。5回位で限界でしたが、まぁこれも無意味な50回よりも負荷のかかる5回....ってね....。このあたりのエリアは普段から筋トレしてるよ!という方に試してほしいですね。本当に効きますので。

以上、「本物の筋トレ」の片鱗を感じることができた製品でした。もちろん、この記事を書いている今まさに筋肉痛の最中ですが、キツさだけでなく効いている部分を実感できる楽しさがあったので全く苦しい検証ではありませんでした。ジムに通うのも面倒だし、そもそも退勤後は家にいたい....なんて方におすすめです。筆者みたいな状況に陥ってる方、これを機に自分のなまった身体を達成感とともに叩き直してみてください。

現在この『YUNMAI』は一般販売されておらず、GREEN FUNDINGにてクラウドファンディング実施中です。価格は1個4980円(本来の定価)ですが、20%OFFなど割引価格で購入できます。気になる方はチェックしみてください。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: greengadget, Fitness, Health, news, gear
0シェア
FacebookTwitter