tvOS 15
Apple

今週初めに開催されたアップルの開発者会議WWDC 2021。その基調講演では、Apple TV向けの次期OS「tvOS 15」を紹介する場面はほとんどなく、HomePod miniとの連携強化(HomePod miniがテレビのスピーカーや音声リモコンになる)など、わずかな機能を発表するに留まりました。

しかし追って開催されたWWDCのセッションでは、tvOS 15の新機能が公開。Apple TVの各アプリに対して、iPhoneやiPadのTouch ID/Face IDでサインインできるようになる、といった便利な機能も明らかにされました。


tvOS 15の新たなサインイン画面では、「Appleデバイスでサインイン」という選択肢が表示されるとのことです(上画像を参照)。

このオプションを選ぶと、近くにあるiPhoneやiPadに通知が送られ、iCloud Keychainの情報を元にログイン情報を提案するという仕組みです。さらにこれはアプリのサインイン時以外でも動作し、例えばNetflixにサインインしようとすれば、登録済みのログイン情報が自動的に入力できるわけです。


かたや通知を受けたiPhoneやiPad側では、やはり下記のように「セーブしたパスワードでサインインしたいですか?」と訊かれ、「Continue(続ける)」をタップして自動入力、ないし手動で入力を選択。そして詳細な情報をApple TV側に送る前に、Face IDやTouch IDが要求される……という具合です。

さらにはサインインのみならず、有料コンテンツなど購入の承認にも使えるとのことです。

tvOS 15
Apple

もちろん、この新機能は「技術的にできるようになった」にすぎず、サードパーティアプリが採用するかどうかは各社の自由に委ねられています。

正式版が公開された際にはぜひ日本でも、NetflixやAmazon Prime Video、Disney+など、大手サービス用アプリが対応するように祈りたいところです。

Source:Apple

via:9to5Mac