Twitter
Twitter

Twititerはこれまで、政府の公式アカウントや国家当局関係のメディアアカウントにそのことを示すラベルを、米英仏露中の5か国でのみ提供していました。このたびこれを合計21か国に拡大し、日本もこれに含まれることを発表しました。たとえば、政府高官であれば”~~ government account"のようなラベルが旗のアイコンとともにアカウント名の下に付与されます。

政府アカウントとは、国としての声明を伝える立場にある政府高官および機関とされ、大臣、省庁、大使、公的機関の広報担当者、外交上の指導的立場にある要人などが該当します。また国家元首の個人的なアカウントもこれに含まれます。

一方、国家当局関係メディアアカウントは、国家が資金を提供して直接/間接的に政治力を持って報道内容を統制したり、制作配信を管理する報道機関、いわゆる国営メディアを指します。ただし、英BBCや米NPRのように国が資金を提供していても編集の独立性を確保するメディアはこれに該当しません。

今回追加になったのは日本、カナダ、キューバ、エクアドル、エジプト、ドイツ、ホンジュラス、インドネシア、イラン、イタリア、サウジアラビア、セルビア、スペイン、タイ、トルコ、アラブ首長国連邦。これらの国では順次ラベル表示が行われるようになります。

この国々にラベル付与を決めた理由についてTwitterは、G7に含まれる国および”Twitterで国に関連する情報提供をしている国の大部分”だと説明しています。

Twitterは「私たちの使命は、公開の会話にサービスを提供すること」だと述べ「海外の国家の声である高官、国家元首、および機関」にフォーカスするとしています。そして「他の国の地政学的問題について話し合っているアカウントを見ると、その国の考え方がわかり、自分が誰を代表しているかについてよりよく知ることができ」るため、これは「重要なステップ」だとしました。

ちなみに、最初の5か国がなぜ選ばれたのかは、読者の方々ならすぐにわかったはず…そうです。国連安全保障理事会の常任理事国です。

Source:Twitter