Twitter
Twitter

Twitterで、GoogleおよびApple IDを使ったログインや新規登録が可能になりました。これによってウェブ版やアプリをGoogleのアカウントで直接利用できるほか、iOSアプリ版では「Appleでサインイン」機能が利用可能になっています。

アップルは2019年に「Appleでサインイン」機能をFacebookやGoogleのログインサービスに代わる機能だと大々的に発表しました。この機能はiPhoneやiPadで手軽に利用できるうえ、トラッキングを防止したり、専用の受信箱でアプリやウェブサービスからの通知を受け取ったりできるため、ユーザーは自分のメールアドレスを表に出さずに、よりiOSに統合されたかたちでウェブサービスが利用可能になります。

ユーザーにとってこういった機能は、新規登録時の手続きが省けたりして便利なのもメリットですが、よく思い出してみればTwitterはTwitterで、独自にTwitterアカウントで別のウェブサービスにログインや登録できる機能を提供しています。

行き当たりばったりでこれらの機能を使っていろいろなサービスに登録してきた人の中には、もしかしたら、このサービスはGoogle、あのサービスはApple ID、そっちはFacebook…。Twitterアカウントでログインするのはどれだっけ…?!といった、スパゲティな状況に陥る人も出てきていないかが少々心配ではあります。

ちなみに、「Appleでサインイン」を使うには、2ファクタ認証を使い、2ファクタ認証が有効なApple IDを使ってApple製デバイスでiCloudにサインインしておく必要があります。

Source:Twitter(Twitter)