Twitter
Twitter

Twitterは5月5日(米国時間)、潜在的に有害あるいは不快と感じるコメントに対して、投稿する前に再考を促すプロンプトを表示するようになったと発表しました。

まずは英語圏ユーザーのモバイルアプリから展開されるとのことです。

こうした類の、返信する際に攻撃的であったり、それを見た人が不快と感じるような投稿に関しては、昨今は様々な局面で問題です。これらについては、Twitter以外でも再考を促す取り組みが実施されています。

Twitterも今回の機能に関しては1年ほど前からテストを実施していましたが、本格導入まで時間がかかった印象があります。これは、どのような投稿に対して再考を促すのか、調整に手間取っていたようです。

例えば同じ言葉を使ったコメントであっても、文脈によっては攻撃的でも不快でもなく、単に友人に対する冗談ということもあります。Twitter側はこれらのニュアンスを正しく判断できるよう、フィードバックを受けながら調整してきたとしています。

なお技術的には、この問題を解決するべく投稿する側・される側の関係性に注目。両アカウントが頻繁にコメントしあっている場合には、良好なコミュニケーションを築いていると判断するとのこと。

さてテストの結果としては、不必要に通知が出ることなく、また再考を促された場合には、34%の人がコメントを修正するか、投稿しない選択を取ったとのこと。また、1度再考表示をされた人は、その後も攻撃的な投稿をする割合が平均で11%減少したとしています。

今回の変更が英語圏から開始となっているのは、文脈解析技術などの関係が大きいと考えられます。願わくば、他の言語へも早めの対応を期待したいところです。

Source: Twitter