Spaces
SOPA Images via Getty Images

Twitterは8月18日(現地時間)、開発者向けのTwitter API v2をアップデートし、音声チャットサービス「スペース」の検索対応を発表しました。


この更新により、開発者は自分のアプリやサービスからスペースの検索が可能に。これまでは、開催されている(あるいは開催予定の)スペースはTwitter上でしか確認できませんでしたが、APIの更新により、Twitter以外のアプリやサービスからも「スペースID」「ユーザーID」「キーワード」を利用してスペースを検索できるようになります。


ただ残念ながら、今回の対応は検索のみで、スペースに参加したりホストしたりといった機能には非対応です。これらができるのは、引き続きTwitterだけに限られるようです。

なお、今後の予定としては、スペースのホスト専用ツールや、ソリューションを構築できるような機能を検討しているとのこと。

スペースのホスト用分析ダッシュボードなどでパフォーマンスを測定したり、次回のスペースのリマインダーを作成できるようなものを計画しているとのことです。


Source: Twitter