Twitter
Twitter

Twitterが音声チャットサービス「スペース」について、モバイルアプリでの新しい表示方法のテストを開始しました。現状では、開催中のスペースはアプリ上部にFleetと一緒に表示されますが、新たに始まったテストでは、画面下部、検索と通知タブの間にスペース専用のセクションが用意されています。

画面上部での表示は、何について話をしているのか見ただけではわかりませんが、専用タブでは、どのような話題について誰が参加しているのか、何人聴いているのかがわかりやすくなっています。

基本的にはフォローしている人がホストしている、あるいは参加しているスペースを見つけやすくするものですが、以前には、「Outside your network」と表示された画面も共有されていました。おそらくは、知り合いが誰も参加していなくても、人気のあるスペースなど、おすすめのものも表示されると考えられます。

テストは、スペースへのフィードバックを提供してくれたごく少数のホストコミュニティで行われており、TechCrunchによると、約500人を対象にiOSアプリで行われているとのこと。機能を改善するため、今後多くの人が利用可能になるとしています。

Source: Spaces(Twitter) via TechCrunch