Twitter
SOPA Images via Getty Images

Twitterの米国サポートアカウントが、モバイルアプリで発生している「タイムライン上で読んでいるツイートが突然消えてしまう」不具合について、今後2か月以内にアップデートを行うと発表しました。


この不具合は、タイムラインに表示されているツイートを読んでいる最中に突然画面が更新され、そのツイートが消える(見失ってしまう)というもの。この原因は、読んでいる対象のツイートに誰かが返信したり、スレッド化された場合に自動更新が発生するためとのこと。

発表のツイートでは、この現象がイライラさせられるものであることは分かっているので、改善に取り組んでいる、としています。

タイムライン関連の不具合としては、9月初めにも、iOSアプリで勝手に先頭にスクロールしてしまうという不具合を修正したばかり。昨今のTwitterは積極的に新機能のテストも行っていますが、地道に不具合対応もしている印象です。

また、タイムライン関連ではありませんが、音声チャットのスペースで、ホストがクラッシュした場合に2分以内なら視聴者がルームに残ったまま再接続できるようになりました。そもそもクラッシュしないようにはできないのかとも思いますが、暫定対応としては助かる人も多そうです。

Source: Twitter