Twitter
Twitter

Twitterは4月1日、24時間で消えるFleet(フリート)にてステッカーを利用できる、新機能を発表しました。Android版とiOS版アプリのどちらでも利用可能です。


フリートは、日本では2020年11月に導入された機能。Facebookのストーリーズと同様に、その時の出来事や気持ちをその場限りで共有することを主な目的としています。このため24時間後には非表示になるほか、投稿に対してリツイートやいいねも行えません。

これまでもフリートでは画像や動画に加えてテキストを投稿でき、そのテキストで顔文字を利用し、サイズを大きくするなどの装飾が可能でした。しかし、新しく公式にステッカー対応したことで、今後はもっと簡単にメッセージを装飾して個性をアピールできそうです。

なお、FacebookやInstagramのストーリーズでは、以前から対応していた機能でもあります。


ステッカーの追加は、フリートの投稿画面下部に表示される顔アイコンから行います。デフォルトでは、Twitter公式の顔文字ライブラリTwemojiが並びますが、上部にある検索欄から検索できるGIPHYのGIF画像もステッカーとして利用できます。



Source: Twitter