Twitter

Twitter が24時間で消える投稿「Fleet」(フリート)機能の提供終了を発表しました。8月3日以降、フリートは投稿も表示もできなくなります。

フリートが正式導入されたのは2020年11月。Fleet (素早く動く、さっと消える) の名のとおり、サービスも数か月ではかなく消えることになります。

Twitter によれば、Fleet 提供終了の理由は「望んでいたほど新しいユーザーの投稿増加につながらなかったから」。

Twitter、24時間で消えるツイート「フリート」をテスト。RTやリンク不可、返信はDM (2020年3月)

Fleet は24時間で消えるほか、リンクやリツイート、コメントができない特徴がありました。これは自分の発言が意図しないところで話題にされたり、後々まで残る不安をなくすことで、従来のツイートではあまり発言しなかったユーザーにも気軽に発信して欲しい、Twitterの利用を促進したいという狙いから。

しかしTwitterによれば、フリートを使っていたのは従来からよくツイートしていたアクティブなユーザーばかり。すでにツイートした内容をさらにフリートで露出させる使い方が多く、期待していた「これまであまりツイートしなかった層の利用促進」効果は乏しかったとしています。


このほかTwitter が Fleet から学んだこと、今後の対応として挙げたのは、

・Fleetが本来意図していた、もっと気軽に発言できる方法については引き続き検討する

・多くのFleetは画像や動画を含んでいた。気軽にすばやくメディアを投稿する機能が好まれることを学んだため、通常のツイートの作成機能にGIFステッカーや文字装飾、縦画面カメラなどフリート作成からの機能を導入する。

・Fleetで試験導入した全画面広告の効果は詳しく評価する。

・タイムラインの上に並ぶアイコンは、いま現在起きていることを表示する場所として有効。Spacesは引き続きこの場所に表示する。

Goodbye, Fleets