Twitter「読まずにRT」への警告表示を全ユーザーに展開へ。フェイク防止に一定の効果を確認

大統領選前はフェイクニュースの増加も予想されます

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年09月25日, 午後 04:00 in Twitter
0シェア
FacebookTwitter
Twitter
Twitter

Twitterが、記事リンク付きのツイートをリツイートしようとした際に、元記事内容の確認を促すメッセージ表示することを、全ユーザーに展開すると発表しました。これは今年6月よりAndroidユーザーを対象にテストしていた機能です。

なぜこのような機能を追加するのかは、Androidでのテストの際に説明されていたとおり。つまり昨今のTwitterでは、リンク先となる記事の見出しだけを見てすぐにリツイートする人が多くなり、その内容を正しく理解せずに拡散しているケースがあるから。記事の見出しだけで条件反射的にリツイートして、それがもしフェイクニュースや、いわゆる”見出し詐欺”的な記事だったり、添えたツイート文と記事の内容がズレていたりすれば、フォロワーの方々に「まあ、うっかりさん」などと思われてしまうかもしれません。Twitterは、「ヘッドライン(見出し) だけではすべての内容はわかりませんよ」と、ユーザーにメッセージを示します。

Twitterによれば、Androidにおけるテストで記事リンクを含むツイートを実行する際にそのリンク元を確認するよう促したところ、全体の40%が元記事を開き、また全体の33%があらかじめリンク元から情報を得てからリツイートのボタンを押すようになったとのこと。一方、リンク元を確認してリツイートをやめたユーザーも一部にはいたと報告しています。

そして、これらの結果を得たことで、今後の予定としてTwitterは一度見たあとはリンク元確認の表示は小さくし、そして世界のすべてのユーザーにこの機能をすぐにも届けるとしました。

米国では大統領選挙が迫っており、有権者らは自分の支持する候補に関する記事をリツイートする機会が多くなると考えられます。その中にはやはりフェイク記事なども紛れ込んでくることが予想されるため、こうした機能が地味に選挙の公正な投票に役立つかもしれません。

source:Twitter


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Twitter, Social media, internet, news, gear
0シェア
FacebookTwitter