Twitterがリツイートの仕様変更、「引用ツイート」の件数表示 & タップで一覧

リプできなくても引用はできます

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年09月1日, 午後 02:00 in twitter
0シェア
FacebookTwitter
Twitter
Ittousai / Engadget

Twitter がリツイートまわりの仕様をまた微妙に変更しました。

これまでの「コメントつきリツイート」は「引用ツイート」に呼び方が変わり(戻り)、個別ツイート画面では通常のリツイートとは別に件数が表示されるようになります。

Twitter
Twitter

ツイートに対して何かコメントする場合、リプライの形式では元ツイートの下にぶら下がりツリーとなり、多くの人にワンセットの文脈として読まれる可能性があります。

対する引用ツイート(コメント付きリツイート)の場合、自分のタイムラインには表示されても、元ツイートを開いただけのほかのユーザーからは見えず、元ツイートのURLでわざわざ探さないと見えない仕組みが長らく続いてきました。

(引用ツイートでも元ツイートをしたユーザーにはばっちり通知が届くため、「本人に聞こえないように話題にする」ことにはなりませんが)。

しかし2020年5月の変更で、リツイート数に引用ツイートも含め「XX リツイートとコメント付きツイート」とまとめて表示したうえで、リツイート数をタップすればリツイートしたユーザーのほか引用ツイートのコメントも一覧できるようになっていました。

Twitterの新機能「コメント付きリツイート一覧」を見る方法。iOSアプリで利用可能に

今回の仕様変更はそこからさらに進んで、タイムラインから特定のツイートを開けば常に「引用ツイート数」が確認できるようになり、1タップで一覧できるようになりました。

用語の微妙な(再)変更と、カウントを分けて分かりやすく、従来は2タップだったのが1タップになったという微妙な変更ではありますが、引用ツイートを多くのユーザーにとって見やすくする方針をさらに進めたものといえます。

Twitter、リプライできる人の制限オプションを追加へ。フォロー / メンション相手のみ参加可など

並行して進められてきた仕様変更としては、ツイートに対してリプライできる人を設定できる仕組みがあります。

特定の相手との会話体裁のコンテンツを意図したのに見知らぬユーザーからのまったく文脈を読めていないトンチンカンなリプライが混ざったり、何をツイートしても内容と完全に無関係な罵倒や嫌がらせが大量に付きひどいツリーが育つことの抑止を意図した仕様ですが、導入時にはリプライできなければ正当な批判も指摘もできない、デマも正せないという否定的な意見もありました。

(通報されたり罪に問われるような嫌がらせツイートも本人的にはおそらく義憤に駆られた「正当な批判」のつもりであったり、「それはデマです。なぜなら~」というタイプのデマであったりするものですが)。

最近の引用ツイート推しは、リプライの制限など喫緊の嫌がらせ対策は進めたうえで、一方でツイートからの会話は促進し、できれば派生はそれぞれの引用者のツリーで伸ばしてもらいたい方向性のようです。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: twitter, news, tomorrow, gaming, entertainment, gear
0シェア
FacebookTwitter