Twitter
Twitter

Twitterは12月11日、公開されているツイートをSnapchatのスタンプとして共有出来る機能を発表しました。すでにiOSでは利用可能となっています。

この機能、ツイートを文字やリンクで共有するのではなく、スタンプとして共有するのが特徴。Snapchat側では、ツイートのスクリーンショットをスタンプとして利用し、拡大縮小なども可能。キャプションやほかのステッカーの追加など、通常のSnapchatと同じように加工できます。また、元のツイートへのリンクも追加されており、SnapchatからTwitterに遷移して、ツイートへの返信などスレッド全体の確認が可能です。

共有方法は、メールなどで共有する場合と同じく、ツイートの共有メニューからSnapchatアイコンを選択するだけです。

なお、同様の機能をInstagramのストーリーにも提供するため、近日中にテストを開始するとしています。

わざわざ機能として組み込まなくとも、スクリーンショットを撮ってそれを共有すれば済みそうではあります。ただ、スクリーンショットを撮らない分、余計な画像でストレージを圧迫したり、カメラロールが見にくくなったりといったことは防げるかもしれません。

source: Twitter