Twitter
Twitter

細かなアップデートを繰り返し、力を入れている様子が伺えるTwitterの音声チャットサービス「スペース」ですが、先日はAPIを更新し、サードパーティサービスからも開催中のスペースを見つけやすくしています。そして今回、さらにスペースを見つけやすくすべく、Twitter上での新たなテストを開始しました。


これまでTwitter純正のiOSとAndroidアプリでは、フォローしている人がホストしたり、スピーカーとして参加しているスペースが、アプリの上部に表示されていました。

しかし、一部ユーザーでテストされているこの新機能では、フォローしている人がリスナーとして参加しているだけのスペースも表示されるようになっています。

Twitterは、この機能について「より多くのスペースを発見できるような方法を試している」と説明しています。


ただ、人によっては聴いているだけのスペースを公開したくはないと考えるかもしれません。その場合には、設定からリスニングアクティビティを非公開にすることも可能です。ただ、この設定を行っても、ホストしたり、スピーカーになっている場合には、従来通り公開されるとのこと。

この機能がデフォルトでONになると、フォロー人数が多い人だとタイムラインの上部がごちゃごちゃしてしまい、逆に見づらくなりそうな気がしますが、そうした問題を確認するためにも、少数でのテストを実施しているものと考えられます。


Source: Spaces(Twitter)