safety mode
Twitter

Twitterは1日(米現地時間)、嫌がらせや罵倒を送ってくる相手を自動でブロックする新機能「セーフティモード」のテストを始めると発表しました。

このモードをオンにすることで、侮辱や憎悪など心を害する言葉を使ったり、繰り返し招かれざる返信やメンションをしたりする、いわゆるクソリプを自動で遮断できるとの趣旨が述べられています。


この機能は、侮辱や憎悪的な発言や、望まれないリプライやメンションを送ってくるアカウントにつき、自動ブロックするものです。対象となった相手はその人をフォローしたり、ツイートを表示したり、DMを送信できなくなります。このあたりの挙動は、手動によるブロックと同じです。

この設定がオンになっている場合は、ツイートの内容や、相手とユーザー本人との関係を考慮して、否定的なエンゲージメント(関係性)の可能性を評価するとのことです。自動ブロックは最低7日間有効で(期間終了前に通知され、再延長できる)対象となったアカウントはセーフティーモードで確認できます。

また既存の人間関係も考慮に入れており、本人がフォローしているアカウントや頻繁にやり取りしているアカウントは自動ブロックされないと述べられています。

一時的な気の迷いによる暴言で自動ブロックされないという保証でもありますが、反面では「Twitterが自動でやりました」と知らぬ存ぜぬはできず、関係の悪化した知人のブロックは自ら手動でやるしかない模様です。


なおTwitterはセーフティモードを開発するにあたり、オンラインの安全性、メンタルヘルス、人権に関する専門知識を持つ信頼できるパートナーに相談したとのこと。

その狙いは「お客様に健全な会話を楽しんでいただく」ことであり、「有害な発言の蔓延と可視性を減らすことで、ツイートを受け取る側の個人をよりよく保護すること」だと説明されています。


現在Twitterは同機能のテストを英語設定が有効になっている少人数のグループで行なっており、フィードバックを受けながら対象を拡大していく予定とのこと。その期間中に、改善と調整を組み込んだ上でユーザー全てに提供すると約束されています。


このセーフティモードが正式採用されたあかつきには、Twitterの初心者がハラスメントに悩まされることなく、またヘビーユーザーも粘着性の高い人に絡まれにくい未来がやってくると信じたいところです。

Source:Twitter Blog