Foldable iphone
ConceptsiPhone

これまで折りたたみiPhoneの情報は数々ありましたが、新たに2種類の試作機が内部での耐久性テストに合格したとの噂話が伝えられています。

台湾のサプライチェーン情報に詳しい経済日報によると、最近2つの異なる試作機につきヒンジシステム(折りたたみの蝶番)のテストが中国の深センFoxconn工場で終わったとのことです。経済日報は先日も、アップルが折りたたみiPhoneのサンプルをFoxconnにテストさせていると報じていました

試作機のひとつは「折りたたみモデルとは思えないデュアルスクリーン」モデルと説明されています。これはちょうど、有名リーカー(未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)Jon Prosser氏が述べていた「2つのパネルをヒンジで繋ぎ合わせている」製品像と重なっています。Prosser氏は2つのパネルは「かなり連続的で継ぎ目がないように見える」と主張していました。

2番目のプロトタイプは、Galaxy Z FlipやMoto RAZRのように上下に折りたためるクラムシェル型だと伝えられています。サムスンのフレキシブル有機ELパネルが採用される可能性が高いとも述べられていますが、アップルがサムスンに「大量」のサンプル提供を要請したとの噂話は以前もありました。

これらテスト機はまだ完成品ではないとされていますが、それは折りたたみヒンジの耐久性試験だけが目的のため。さらにテスト終了後、アップルは2つの折りたたみモデルを評価した上で、うち1つがボツになり1つだけが開発が続くとも報じられています。

おりしも上記のProsser氏も、同様の噂話を発信したばかりです。最近の動画にて、Prosser氏は2つのディスプレイパネルを備えたものと、1枚のフレキシブル有機ELディスプレイを折りたたむクラムシェル型の2つがテスト中であると説明。これら試作機が耐久性テストに合格し、現在アップルが評価中だとの情報源の話も明かされていました。

経済日報は、折りたたみiPhoneの発売時期は早くても2022年後半〜2023年頃と予測しています。他の情報筋も2022年前後と主張していましたが、アップルは開発が進んでいても要求水準を満たさなければ発売中止にすることも珍しくありません。折りたたみモデルがiPhoneブランドに求められる品質を備え、無事に発売される日を待ちたいところです。

Source:経済日報

Via:MacRumors