10.8インチiPadは2020年後半、8.5インチiPad miniは2021年前半発売とのアナリスト予測

電源アダプタは同梱とのこと

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年06月29日, 午後 01:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
twoiPad

新型iPadの噂が相次いでいるなか、有名アナリストが2020年後半に「10.8インチiPad」、2021年上半期に「8.5インチiPad mini」が発売されると予測していることが報じられています。

米MacRumorsが入手した有名アナリストMing-Chi Kuo氏の研究ノートは、上記の予測を述べているとのことです。Kuo氏は5月にもほぼ同様の見通しを示していましたが、その時と同じく「10.8インチiPad」が10.2インチiPadの後継機か、それとも10.5インチiPadの新型モデルとなるのかは明らかにしていません。

かたや新型iPad miniについては、前回は画面サイズが8.5~9インチと幅を持たせていたところが、今回は8.5インチへと絞り込んでいます。iPad Proが2017年モデルから2018年モデルに移行したときのように、ベゼルを狭額化して「本体サイズを据え置き、画面を少し大型化」のアプローチが取られるのかもしれません。

またKuo氏は次期フラッグシップiPhone 12(仮)では20W電源アダプタが別売されると述べましたが、iPadでは両モデルとも同梱されると予測しています。iPhone 12で「同梱されない」理由としては5G対応コストの相殺やパッケージ縮小による輸送費の削減などが挙げられていましたが、おそらく5G化もなくパッケージが相対的に大きいiPadでは電源アダプタを省くメリットがそれほどないとも推測されます。

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, applerumor, ipadmini, ipad, ming-chi kuo, news, gear
0シェア
FacebookTwitter