シューズにセンサを内蔵し、走り方を分析。「スマホ持たずにランニング」を実現

アンダーアーマーのアプリ連動シューズ1万5000円で発売

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年07月17日, 午後 06:01 in gadgets
0シェア
FacebookTwitter
UA HOVR PHANTOM2

米スポーツブランド「アンダーアーマー」の日本総代理店ドームは7月17日、ランニングアプリと連動するスマートシューズ「UAホバーファントム2」を発売しました。

UAホバーファントム2は、スマホ向けに配信しているランニングアプリ「MAP MY RUN」と連動するスマートランニングシューズ。GPSでルートを記録し、走行距離やペースなどのさまざまなデータを取得できます。

UA HOVR PHANTOM2

UAホバーファントム2にはチップが埋め込まれていて、このチップをアプリと接続することで連動します。さらに、1度アプリに登録すれば、その後はスマホを持たずに自動で各種データを記録することが可能。日々のランニングデータを収集・分析し、パフォーマンス向上へと導くだけでなく、手ぶらでランニングを楽しみたいというニーズに対応します。

具体的な収集データは、走行時間、距離、歩幅、ピッチ、地面にシューズが接地している時間、接地角度など。アプリではこの収集データをもとにアドバイスをする機能を備えるほか、グループやコミュニティを形成して目標を設定し、チャレンジ企画を実施するといった使い方も可能です。

UA HOVR PHANTOM2

また、初代「UAホバーファントム」と比べて、クッションの柔らかさと弾力性を両立させているといいます。ただし、「ナイキ アダプトBB」のように、アプリで靴ひもを調整する機能は備えません。

サイズは、メンズが25.0cmから30.0cmまで、ウィメンズは22.5cmから26.0cmまで。カラーはホワイト、シーグラスブルー、ベータ(100)の3色。

価格は1万5000円で、アンダーアーマー公式サイト、アンダーアーマー ブランドハウス新宿/有明/心斎橋が取り扱います。また、8月初旬には、ABC-MARTの一部店舗にて販売する予定です。

UA HOVR PHANTOM2


source:アンダーアーマー


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: gadgets, Sports, smartphone, sports betting, mobile, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents