出前館、「Uber Eatsの買収検討」報道を『事実無根』と否定

「これまでも買収を提案しあっていた」

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年08月19日, 午前 09:30 in news
0シェア
FacebookTwitter
engadget

出前館は、ワールドビジネスサテライトによる「出前館がUber Eatsの買収を検討」報道について『事実無根の内容であり、当社が公表したものではありません』と否定しました。

報道は8月18日にテレビ番組「ワールドビジネスサテライト」でなされたもの。出前館に出資し事実上の子会社化しているLINEと、Uberに出資するソフトバンク、そして、ソフトバンクの子会社であるヤフーとLINEの経営統合などの資本関係を紹介しつつ、出前館がUber Eatsの買収を検討しているとの内容でした。

具体的には、両社は以前から互いに買収を提案し合っていましたが、資金面などから折り合いがついていませんでした。今回、今年3月にLINEが出前館に300億円を出資し資本業務提携したことを背景に、出前館が再びUber Eatsの買収を検討し始めたとのこと。

engadget
8月18日付けのワールドビジネスサテライト(公式HPから引用)
Engadget Japan

同報道については、出前館に出資するLINEの舛田淳社長も『事実無根の内容であると開示されました』『自力で圧倒的なNo.1、市場リーダーになります』とツイートし否定しています。

このような報道は、仮に事実であっても『当社が発表したものではありません』と、否定も肯定もしないのが通例ですが、『事実無根』と強い表現を用いていることは特筆に値します。

なお、本日(8月19日)のワールドビジネスサテライトには、出前館の中村利江代表取締役会長が出演予定。どのようなコメントが出るのか注目されます。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: news, gear
0シェア
FacebookTwitter