Uber Eatsが配達パートナーの傷害補償を拡充。ヘルメット装着を促進

ヘルメットのありなしで給付金が異なる

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年09月29日, 午後 12:20 in Uber Eats
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Uber Eats

Uber Eatsは10月1日から配達パートナーを対象にした傷害補償制度を拡充します。Uber Eatsが配達パートナーの交通安全の向上等を目的として三井住友海上火災保険と締結した業務提携に基づく取り組みの一つです。

入院を伴う傷害を負った場合、ヘルメットを着用していた場合は1事故につき2万円を給付し、不着用の場合は5000円を給付します。

医療見舞金の上限を現行の25万円から50万円に引き上げや、入院時または入院後稼働不能となった場合の見舞金の適用日数の拡大、手術が必要となった場合の一時金の給付を提供します。

プレスリリースによるとUber Eatsは、今回の補償拡充を通して、配達パートナーのヘルメット着用の促進と、すべての自転車利用者がヘルメット着用の重要性を認識するきっかけとしたいとしています。

source:Uber Eats

 


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Uber Eats, bike, Iot, smartphone, app, food, iOS, Android, news, gear
0シェア
FacebookTwitter