Engadget

Uber Eatsは9月22日から、近距離での徒歩配達の試験運用を全国21都市に拡大しました。この配達方法は6月22日から東京23区内で実施されていました。

徒歩での配達は、自転車の駐輪にかかる手間が省け、また、階段や細い路地を通れるため効率的に近距離の配達ができるメリットがあります。Uber Eatsでは、東京23区のほか、ニューヨークや香港など海外の複数の大都市で徒歩による配達がすでに導入されています。

今回徒歩配達が可能になる21都市は以下の通りです。

仙台市(宮城県)

宇都宮市(栃木県)

横浜市(神奈川県)

静岡市(静岡県)

名古屋市(愛知県)

四日市市(三重県)

京都市(京都府)

大阪市(大阪府)

神戸市(兵庫県)

奈良市(奈良県)

岡山市(岡山県)

広島市(広島県)

高松市(香川県)

松山市(愛媛県)

高知市(高知県)

北九州市(福岡県)

福岡市(福岡県)

佐世保市(長崎県)

熊本市(熊本県)

宮崎市(宮崎県)

鹿児島市(鹿児島県)

現在 Uber Eats に登録している配達パートナーは、事前にアプリの車両選択画面で「Uber ウォーカー」を選択するだけで、徒歩での配達に切り替えることできます。

また、新たに登録する配達パートナーは、「ウォーカー」オプションのみを選択すれば、自転車を持っていなくても Uber Eats での配達を始めることができます。

 

source:Uber Eats