フードデリバリーサービス「Uber Eats」は、顧客からの問い合わせに応じる相談室を開設したと発表しました。

Uber Eats はすでに、サービスの利用者や配達員、加盟店を対象とした相談室を設けていますが、新たに設置した相談室では Uber Eats を使っていない人からの問い合わせにも応じます。

また、配達員の危険な運転や不適切な行動などの報告があった場合、寄せられた情報に基づいて該当する配達員を特定し、注意やアドバイスを行うとしています。


関連記事:北欧発フードデリバリー「ウォルト」東京で開始


source:Uber Eats