Engadget

Uber Eatsは2月4日から、ローソンの店舗で市販薬のデリバリーが始まります。東京都内の3店舗から取り扱いをスタートし、順次導入店舗が拡大予定です。

国内のUber Eatsで市販薬の取り扱いは今回が初めてとなります。外出自粛が求められる昨今、外出しなくても市販薬をすぐ手元に置きたいという消費者のニーズに応える目的で導入されました。

取り扱い商品は、風邪薬や目薬、胃腸薬など第2類医薬品・第3類医薬品に属する計49品目となります。アプリで取り扱い店舗から希望の医薬品を選択すると必要な説明事項が表示され、確認ボタンを押すことで注文を進められます。

 

Source: Uber Eats