キャンプや撮影で使える、エレコムがLEDライト付きモバイルバッテリー2機種発表

SOSのモールス信号もできちゃう

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年06月30日, 午後 04:30 in accessories
0シェア
FacebookTwitter
Engadget Japan

エレコムは6月30日、LEDライトを搭載したモバイルバッテリー2機種を発表しました。2機種共通の仕様としては、最大出力2.4Aの高出力でスマートフォンなどの急速充電が可能です。モバイルバッテリーと接続したスマートフォンをまとめて充電できるパススルー充電にも対応しています。

Engadget
DE-M20L-3350シリーズ

「DE-M20L-3350」シリーズはスマホの充電だけでなく、懐中電灯としても使用可能。ボタン1つで4段階の点灯調光、5段階目として「SOS」のモールス信号パターンを点滅できます。

Engadget

先端部のソケットを引き出し、水の入ったペットボトルの口に取り付けることで、ランタンとしても使用可能。ライト発光部は水を入れたペットボトルに取り付けるため防水仕様となっています。バッテリー容量は3350mAh。カラバリはブラックとレッドの2色。発売日は7月上旬で、価格は税込み4378円です。

DE-M21L-6700シリーズ

DE-M21L-6700シリーズには広域発光ができるLEDライトを装備。被災時だけでなく、撮影の照明やキャンプなどでのランタンの代わりとして利用できます。防塵防水の保護規格IP44に対応し、短時間の弱い雨程度ならば対応可能としています。ボタン1つで4段階の点灯調光、5段階目として「SOS」のモールス信号パターンを点滅できます。

Engadget

ライトとして照らす際は磁石での貼り付け、三脚穴(1/4インチ)による固定、フックでの吊り下げや、立て掛けで対応でき様々なシーンでの活用が期待できます。バッテリー容量は6700mAhです。カラバリはブラックとレッドの2色。発売日は7月上旬で、価格は税込み5478円です。

関連リンク:ニュースリリース(エレコム)

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: accessories, mobile battery, news, gear
0シェア
FacebookTwitter