UK CMA
DeFodi Images via Getty Images

英国の競争市場局(CMA)は6月15日(現地時間)、モバイル市場におけるAppleとGoogleの複占状況について、消費者が不利益を被っていないか詳しい調査を開始すると発表しました。

モバイル市場ではiOSとAndroid、それに付随するエコシステムなど、実質的にAppleとGoogleの2強による複占状況が続いています。これにより、他社の参入や市場競争が抑制され、結果的に端末やサービスなどに高い価格を支払うことになっていないかを調査するのが目的です。

CMAの最高責任者であるAndrea Coscelli氏はリリース文の中で、AppleとGoogleは、スマートフォンでアプリをダウンロードしたり、ウェブを閲覧したりするための主要なゲートウェイを管理しており、これが消費者やスマートフォンを通じて人々にアプローチしたいと考えている企業にとって問題を引き起こす可能性があると考えていると述べています。

なお、英国では、大手IT企業を規制するための新たな政府機関であるデジタル市場ユニット(DMU)の設立が進められていますが、今回の調査はこれと並行して行われるとのこと。この調査結果をもとに、将来の計画を策定していきたいとしており、DMU設立後に迅速に行動できるよう、予備調査的な意味合いもあるようです。

調査期間は12か月。とくに7月26日までは、アンケートを通じてアプリ開発者の意見を聴きたいとしています。

Source: UK Govermment