Ultraman
Netflix

Netflix と円谷プロが、ウルトラマンの新作CG映画『Ultraman (原題)』を発表しました。

ネトフリ版『ウルトラマン』新作映画の監督・脚本はシャノン・ティンドル。製作は円谷プロとILM (インダストリアル ライト&マジック)。

ストーリーは:

『野球界のスター選手、サトウ・ケンのもう一つの姿、それは地球を守るスーパーヒーロー、ウルトラマン。その役割を担うべく、サトウは日本に帰国するも、戻ってすぐに、「宿敵」の子である赤ちゃん怪獣の養育を任されるという、思いもよらない事態に...。チームの一員として、また新米パパとして奮闘しながら、ケンは自分の中にあるエゴや疎遠になっている父、過激な怪獣防衛軍の台頭と向き合い、ウルトラマンであることの本当の意味を見出していきます。』

日本を舞台に日本人の主人公が活躍する一方、赤ちゃん怪獣の父親業に追われたり、「過激な怪獣防衛軍」や父親との関係に苦労する新しいウルトラマン像です。

これが初監督となるシャノン・ティンドルは、国内でも話題になった『KUBO / クボ 二本の弦の秘密』の原案(クリエーター)を手掛けたアーティスト。ネトフリではシリーズの「Lost Ollie」でショーランナーを務めています。

共同監督は『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』『ダックテイルズ』等のジョン・アオシマ。脚本はティンドルと、『クボ』でも脚本を担当したマーク・ハイメスが共同で執筆します。

現時点で公開されているのは一枚のティーザー画像のみ。本編でもこのようにスタイライズされた映像になるのかはまだ分かりません。

シャノン・ティンドル監督のコメントは:

「この映画を作ることは、私の長年の夢でした。円谷英二さんの「ウルトラマン」に対する私の愛から生まれたオリジナルストーリーが、 幸運にも映画として実を結ぶことになりました。円谷プロダクションの方々からの素晴らしい信頼と、Netflix アニメーション部門の皆さんのサポートに、心から感謝しています。優れたメンバーがそろった私たちチームの斬新な「Ultraman (原題)」を、世界中の視聴者にお届けできる日を楽しみにしています」

ネトフリCG映画版『Ultraman』の配信日は未発表。

ネトフリではすでに等身大でスーツをまとって戦うほうの『ULTRAMAN』がフルCGアニメシリーズとして配信中ですが、今作は世界市場に向けて作られた新作として、これまで日本の有名キャラクターとしては知っていても原作は見たことがない多数の加入者に対して『ウルトラマン』を紹介する役割を果たすことになります。

「父親ウルトラマン」と聞けば意外な捻りのようでもありますが、円谷が延々と展開してきた本家ウルトラマンには昭和から「ウルトラの父」や母が出て兄弟や家族化したり、最近のシリーズではタロウの息子やセブンの息子が新世代ヒーローとして活躍するなど、家族や親子のテーマを扱ってこなかったわけでもありません。

一方、新たな『ウルトラマン』映画としては、エヴァンゲリオンの庵野秀明監督による『シン・ウルトラマン』も公開を控えています。

こちらは『シン・ゴジラ』的な現代日本が舞台の実写映画。テレビの初代よりも成田亨のオリジナルデザインに近い新しいウルトラマンが登場する、初代を踏まえたリブート的な世界観になるようです。

『シン・ウルトラマン』は2021年初夏公開予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で公開日調整中となっています。

映画『シン・ウルトラマン』特報映像公開。二体の怪獣も初公開