ゲームタイトル配信プラットフォーム「Steam」でプレイ可能な作品の中から、”今話題の人気作”や”ツッコミ必至の珍作”まで、見逃し厳禁のおすすめインディーゲームをピックアップ!今回ご紹介するのは『ウムランギ ジェネレーション』です。

-> ウラムンギ ジェネレーション (Steam)

発掘!名作ゲーム 連載一覧

終末世界で気ままに写真撮影

『ウムランギ ジェネレーション』はORIGAME DIGITALが開発を手掛けたサイバーパンクフォトグラフィカルアクションゲーム。カメラ片手に箱庭型フィールドを歩き、崩壊が差し迫った世界の日常を切り取りましょう。

本作は”写真撮影”に焦点を当てたアクションゲーム。プレイヤーは物品の運搬を担う配達業者であり、同時に撮影した写真を売って日銭を稼ぐカメラマンでもあります。各ステージで提示される「フォトバウンティ」(チェックリスト)を手がかりに、フィールド内のさまざまな被写体をレンズに収めてクリア条件を達成してください。

本作の世界観は独特で、現代よりも少し先のニュージーランド(タウランガ市)を架空の舞台として採用しています。と言っても街並みはどこか退廃的。人類を脅かす未知の脅威が押し迫り、明日を生きるために傷だらけの軍隊が必死に立ち向かう。されど窮地を脱することは難しく、人類側の被害は歯止めが効かなくなっている……。プレイヤーは写真撮影の傍らで、この都市が瀕している危機と直面することになるでしょう。

ゲームの流れと基本アクション

本作の基本的な流れは、「フィールド散策」→「被写体を決めて写真撮影」→「フォトバウンティを埋める」→「撮影終了」というもの。もちろんフォトバウンティの対象のみを撮影するだけでなく、プレイヤーの感性が赴くままにシャッターを切っても構いません。茜色に染まった夕焼け、金網で一休み中の小鳥、何らかのメッセージが込められているであろうスプレーアート……等々、残りフィルム数(画面右下)に注意しつつ写真撮影に勤しんでみてください。

image

撮影モードでは「ズーム」と「ピント」を自由に調整できるほか、傾きをつけて躍動感を演出することも可能。例えば人物を撮影する時でも、「ズーム機能でキャラクターの表情に注目する」、「背景をボカシてポートレート風に仕上げる」といった風に応用が効きます。何となくカメラを傾けるだけでもサマになるので、最初は色々と試してみるのが良さそうです。

現像モードもプレイヤー側で設定を変えられるので、「露出」、「カラーバランス」、「カラーティント」をイジってアレンジしてみるのもオススメ。同じ被写体だとしても、光量や色合いのバランスで全く違った顔を見せてくれます。特に加工をせずとも全く問題ありませんが、芸術的な一枚を求めている方は、本腰を入れて各項目を調節してみると良いでしょう。

心の赴くままにシャッターを切ろう

オススメの被写体は、何と言ってもフィールド内に佇む街の住人。彼らの日常をファインダーで切り取るだけでも、この世界の様相が幾らか分かってくるはずです。例えば上記画像はとある軍人キャンプでのワンシーン。言葉を多く語るわけではないものの、煙草をたしなむ3人の兵士からはある種の空虚さが感じ取れました。住民の中にはプレイヤーの指示通りにポーズを変えてくれる者もいるので、必要ならばポーズ指定を伝えてみてはいかがでしょうか。

一つ注意点として、地面に落ちている半透明の奇妙な生物(カツオノエボシ)は決して撮影しないこと。もし誤って写真に収めてしまうと、スコア計測時に減点対象としてカウントされてしまいます。一体なぜカツオノエボシが唐突なまでに街中に発生しているのか。理由が気になるところですが、不用心に近づかないのが身のためです。

各フィールド内のフォトバウンティを全て写真に収めるとクリア条件達成です。フィールドに出現したポータルからスコア画面へと移行できます。最終スコアは撮影した写真の種類、および使用したレンズ(ゲーム進行に応じて解放)などによって算出。もし結果に納得がいかないようであれば、「デリバリーをやり直す」からリトライし、ボーナス目標もしっかりと達成してハイスコアを狙いましょう。新たなフィールドへ移る場合は「次のデリバリーへ進む」を選択。次々と明らかになるタウランガ市の”いま”を、プレイヤー自身の手で切り出してください。

写真撮影を通して終末世界を観察する『ウムランギ ジェネレーション』。興味のある方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

-> ウラムンギ ジェネレーション (Steam)

発掘!名作ゲーム 連載一覧