Engadget

銀座近辺のユニクロといえば、有楽町店もGUもあって、どこに行けば良いか迷いがちでしたが、芸術の秋にぜひ訪れたいのはリニューアルした日本最大のユニクロ銀座店かもしれません。

1階から12階まで、インスタレーションと「LifeWear」が充実していて、ヒートテックを買いに来たら文化を吸収できるというお得感が。これまでジル・サンダーとかJWアンダーソンとか憧れのブランドのデザインをユニクロのおかげで取り入れることができましたが、今後はアートもユニクロ帝国に取り込まれていくのでしょうか。

ヘアメイクアップアーティストのYutaka Kodashiro氏による、花のヘッドピースの展示やEmmanuelle

Moureaux氏の大量の切り紙の作品、サスティナブルなドラえもんなどを観賞しながら上のフロアへと進んでいきます。全12フロアユニクロで総面積は1500坪だそうで、全て見て回るのはかなりハードです。12階のユニクロコーヒーをとりあえずチェックできてよかったですが……やはり人気も注目度が高く、スペースに空きがありませんでした。もともとスタンディングですがテーブルの空きがないので、荷物を持ったまま立ち尽くして飲むのは老体的に厳しかったです。

ユニクロ銀座店は、足腰を鍛えるスポットだと実感。ユニクロの服をおしゃれに着こなすには、こちらの店舗を歩き回りボディラインをスッキリさせるのが良さそうです。

Engadget

関連リンク:ユニクロ銀座店