ユニクロは1月19日、スマートフォンを使った決済サービス「UNIQLO Pay(ユニクロペイ)」の提供を開始しました。新しいアプリを用意せず、現在、3千万人強の会員を抱える公式アプリにコード決済機能を加え、乱立するキャッシュレス決済市場への新規参入を果たした格好です。

サービスの具体的な内容は、会員証のQRコードをレジでスキャンするだけで、事前登録した三井住友や三菱UFJなどの銀行口座やクレジットカードから利用代金が引き落とされる仕組みです。会員費はかからず、公式アプリをアップデートするか最新バージョンのアプリをダウンロードするだけで、利用を始められます。

独自要素としては、これまで別々に行っていた会員証の提示と支払いが一回で済み、アプリで発行したクーポンがユニクロ店頭レジで使えることを挙げます。口座の登録時には、二要素認証を前提とするなど、安全性にも配慮しているといいます。今後、ユニクロオンラインストアへの展開や、連携できる決済手段を増やす方針です。


source:ユニクロ