UQコミュニケーションズがWiMAXを刷新します。4月8日より提供する新サービスの「WiMAX +5G」では、WiMAX 2+回線とau 4G回線に加えて、au 5G回線を利用できるようになります。

「WiMAX +5G」で提供する新プラン「ギガ放題プラス」では、WiMAX 2+回線に加えて、au 5Gおよびau 4Gのいずれも一部エリアを追加料金なしで利用可能。au回線を利用できる場所はエリアマップから確認できます。月間データ容量は現行と同じ「無制限」ですが、従来プランの”3日で10GB”制限は、本プランでは”3日で15GB”へと緩和します。

月額料金は、2年契約がない場合で月額5005円(税込)。なお、「WiMAX +5G はじめる割」の適用で、加入から25か月間は月550円が割り引かれ、現行プランと同額で利用できます。

また、au 5G / 4G回線をより広いエリアで利用できる「プラスエリアモード」も月額1100円で提供します。プラスエリアモードの場合、利用できるau回線は月間15GBまでで、これを超過した場合、au回線での利用は128kbpsに制限されます。なお、従来プランと異なり、超過後もスタンダードモード利用時は速度制限がかかりません。

また、UQコミュニケーションズ初となる5G対応モバイルルータとして、サムスン製の「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」を4月8日に発売します。必要な情報がひとめでわかる5.3インチディスプレイが特長で、背面には自立スタンドを搭載しており、屋内では置き時計のようなインテリアとしても利用できます。

通信速度は440Mbps→220Mbpsに半減、2022年秋以降

なお、UQコミュニケーションズはWiMAX 2+で利用している周波数の一部を、2022年秋以降、一部地域から順次5Gに切り替えます。この関係で、WiMAX 2 +の最大速度は現行の440Mbpsから、2022年秋以降は220Mbpsへ順次引き下げられます。今回の新プラン「ギガ放題プラス」でau 5G / 4Gの一部エリアを追加料金なしで使えるのは、通信速度の引き下げに伴う、ユーザーの利便性の低下を防ぐ意味合いもあります。