UQモバイルが10月1日からauのサブブランドとなります。KDDIは「au」と「UQモバイル」の2ブランドを直接手掛けることで、安価な「楽天モバイル」や、ソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル」への対抗を強化します。

このサブブランド化は、UQコミュニケーションズのUQモバイル事業を、親会社のKDDIが吸収する形で行われます。なお、WiMAX事業はUQコミュニケーションズに残ります。

auの新商品発表会に登壇したKDDIの高橋誠社長は、『UQモバイルはMNOになる』と述べたうえで、「au」と「UQモバイル」の2ブランドの棲み分けについて『auは安心の使い放題を、UQモバイルはシンプルで低価格な料金プランを追求する』とコメント。加えて、子会社の「BIGLOBEモバイル」「J:COMモバイル」でも価格重視のプランを提供すると述べました。

サブブランド化に伴うユーザー側の手続きは不要。利用料金については10月1日以降はKDDIが請求します。請求日や口座振替日の変更もないとしています。

なお、菅義偉新総理大臣が求めている”携帯料金の値下げ”に関しては『真摯に受け止めければいけないと思っている。対応方針についても検討していきたい』とコメント。一方でUQモバイルのサブブランド化や、2017年夏に導入した「ピタットプラン」「フラットプラン」などの端末分離プランを提供するなど、すでに値下げに取り組んでいることも強調しました。