USB-C iPhone
Ken Pillonel

アップルがいつまで待っても提供する気配もない「USB-C端子を備えたiPhone」を、自らPCB(プリント配線板)を設計してまで実現したユーザーが現れたというニュースは先月にお伝えしました

その当人であるKen Pillonel氏が、同様の改造をしたい人たち向けに技術的なノウハウをGithubやYouTubeで公開するとともに、実際に改造したiPhone X(USB-Cあり)をeBayオークションに出品しています。


まず同氏のGitHubリポジトリでは、技術的な詳細やCNC(工作機械のデジタル制御)による作業の手順、自ら設計したPCBの情報などをまとめて公開。さらに13分におよぶYouTube動画では、改造手順の詳細が紹介されています。


技術的な概要には、LightningとUSB-Cの接続をデイジーチェーン状に組み合わせて、外部機器に対しては標準USB-Cポートに見せかける、という、これだけ言えばシンプルなものです。

しかしより具体的な作業としては、まず概念実証のために試作品を作成。さらにLightningコネクタのリバースエンジニアリング、カスタムPCBボードの発注、そしてLightningよりも大きなUSB-Cコネクタに合わせてiPhone本体のケースを加工するなど、かなりの行程がかかっています。

なにより自作基板はTaptic Engineハードウェア(振動で反応を指に伝えるしくみ)の両側に折り曲げられており、iPhone X内コンパクトな筐体内にすべての部品を収納するのがいかに難しかったかがうかがえます。


それと並行して同氏は「世界初のUSB-C iPhone」(オリジナルの試作機)をeBayオークションに出品中。記事執筆時点での入札価格は1万4900ドル(約170万円)に達しています。

Pillonel氏は入札者向けに復元、アップデート、消去や分解はできないこと、そして「日常的な携帯電話として使用しないでください」という但し書きを付けています。


これらのプロジェクト全体はオープンソースとされており、他の人がUSB-C版iPhone Xを自作したり、あるいは他のiPhoneにノウハウを流用できるようになっています(ただし完全なPCB設計は、上記のオークションが終了するまでは非公開です)。

またPillonel氏は急速充電や防水性の向上、さらにはUSB-Cアクセサリーの実現を目指してデザインの改良を続けていく予定だと述べています。今後の進展に期待したいところです。


Source:GitHub, How the World's First USB-C iPhone was born(YouTube),eBay

via:The Verge