Engadget
©Nintendo

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、2021年3月18日(木)に新エリア『スーパー・ニンテンドー・ワールド』をオープンします。プレスツアーで1日早く体験させてもらいましたので体験レポートをお届けします。

結論から先にいうと......、

スーパー・ニンテンドー・ワールドはどこを見渡してもマリオのゲームの世界。それだけでもテンションは上がるのに、ハテナブロックを叩いて「コイーン」ができたり、リアルマリオカートを楽しめたり、迫力あるクッパやパックンフラワーがいたりと、そこらかしこに見どころがあります!

記事を読んだら、マリオシリーズが好きな方々はきっと行きたくなると思いますので、現地の様子と、遊びに行く方に向けた楽しみ方ガイドを速報でお届けします。でも、アトラクションなどを体験したときに最大限の感動を味わってほしいので、攻略要素などのネタバレはほぼしていません。

とはいえ、ほんの少しはネタバレが含まれているので少しでもネタバレを避けたい方はすぐにチケットを購入して『スーパー・ニンテンドー・ワールド』にHERE WE GO!(ヒア・ウィ・ゴー)してください!

とにかく早く中身を知りたい方は先行体験を40秒くらいにまとめたダイジェストをどうぞ。

『スーパー・ニンテンドー・ワールド』とは?

©Nintendo

『スーパー・ニンテンドー・ワールド』は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの一部として新たに作られたスーパーマリオの世界が広がる新エリアです。

リアルマリオカートが体験できる「マリオカート ~クッパの挑戦状~」などのアトラクションや、後述するアクティビティと呼ばれるパワーアップバンドを活用した体験、シェフキノピオの料理が食べられるカフェや、キノコ王国のおもちゃ工場がコンセプトのグッズショップなど多様なコンテンツがあります。

©Nintendo
©Nintendo

こちらは入口の「スーパー・スタープラザ」。名前の通り大きなスターがお迎えしてくれています。この先にある土管はスーパー・ニンテンドー・ワールドの魅力のひとつです。というのも、ゲームのマリオでは土管でワープする最中は描かれていないため、その様子を味わえるのは『スーパー・ニンテンドー・ワールド』のみです。長い通路ではないため、じっくり体験してほしい場所です。

©Nintendo

土管からワープした先を(ご自身でぜひ体験を)抜けたら、目の前に広がるのはマウント・ビーンポール。この写真をパッと見ると「ゲームのスクショかな?」と思われるかもしれませんが、リアルです。リアルでこの仕上がりなので驚きとともに、テンションが上がると思います。見渡す限りこの雰囲気なのが、『スーパー・ニンテンドー・ワールド』です。

パワーアップバンドはマストバイ

『スーパー・ニンテンドー・ワールド』に入ったらぜひとも購入をしてもらいたいが「パワーアップバンド」というエリア体験をより楽しむことができるアイテム。価格は3200円です。

パワーアップバンドは、身体を動かして挑戦する「アクティビティ」と呼ばれる体験ができたり、エリアでのプレイに応じてコインやデジタルスタンプを集めたりできます。USJのスマホアプリと連携してスマホでプレイデータを確認できる仕様です。

©Nintendo

スマホとの接続もバンド裏にあるQRコードを読み取るだけなので簡単。

©Nintendo

バンドを指定個所にかざせばアクティビティをプレイできます。

©Nintendo

ハテナブロックをバンドしている手でたたいたり、あやしいところにかざしたりするとコインをゲットできます。

パワーアップバンドがなくても、『スーパー・ニンテンドー・ワールド』を楽しめます。ブロックを叩けば「コイーン!」という音もしますが、アイテムとして獲得はできません。

Engadget

あと、『スーパー・ニンテンドー・ワールド』の目玉のアクティビティであるゴールデンキノコを盗んだクッパJr.に挑む「パワーアップバンド・キーチャレンジ」などはバンドが無いと体験できないです。

©Nintendo

皆さんが普段ゲームをプレイするときは、あやしいなと思ったり気になったりした場所を調べると思います。『スーパー・ニンテンドー・ワールド』にはハテナブロック以外にも、パワーアップバンドで楽しめる隠し要素も多いです。それが楽しみのひとつでもあるので、ぜひ購入してみてください。

©Nintendo

パワーアップバンドは、マリオ、ルイージ、ピーチ姫、デイジー姫、キノピオ、ヨッシーの6種類から選べます。

親子で遊べるアトラクションに身体を使うアクティビティ

©Nintendo

『スーパー・ニンテンドー・ワールド』は、ほかのテーマパークと違った楽しみがありました。例えば、「マリオカート ~クッパの挑戦状~」は、マリオチームの一員になってクッパチームと対決するアトラクションなのですが、競争性が高いものになっています。

マリオカートは、ARやプロジェクションマッピングを活用したレースでクッパチームに勝つこと以外に、一緒に参加している人たちの中でプレイ中に得たコインの数を競うという遊びもありました。

©Nintendo

また、エリア内のアクティビティは、ジャンプする、しゃがむ、叩く、手を振るなど、全身を使った遊びでした。友だちや親子で一緒に協力したり、競ったりするコンテンツが多い印象です。

©Nintendo

面白いなと思ったのは、獲得したコインやマリオカートなどのランキングがアプリで見られること。こんなところにもゲーム性が出ています。獲得したコインなどの情報は次回遊びに来たときにも引き継がれます。もちろん、以前訪れたときに購入したパワーアップバンドも使えます。

マリオなどのキャラクターになりきる!

©Nintendo

『スーパー・ニンテンドー・ワールド』に行くときは、マリオなどのキャラクターになりきると楽しさ倍増です。自身のテンションが上がるだけでなく、クルーの方々に何度も話しかけてもらえました。僕は、マリオのぬいぐるみハットとマリオのパーカー、ネットで買ったオーバーオールでマリオになりきりました。エリア内でジャンプする行為ひとつとっても、なりきることで気分が大分変わりますよ。

©Nintendo

それに加え、エリア内はフォトスポットだらけです。キャラクターになりきっていると、ゲームの世界観が増すのでより思い出深い写真になるでしょう。

©Nintendo

「ワンナップ・ファクトリー」では、マリオのほかにルイージやクリボーなどの帽子、マリオのパーカーなどが売っているので、現地調達もできます。

料理は美味しいしボリューミーだからパワーアップ

©Nintendo

最後に紹介するのは、シェフキノピオが料理長を務める「キノピオカフェ」。キノコ王国特性のキノコを使った料理が楽しめるカフェです。店内の天井にはパワーアップアイテムがちりばめられていたり、厨房の様子も見れたり、見ているだけでも楽しいつくりになっています。

僕は「マリオ・バーガー ベーコン&チーズ」を食べたのですが、ボリューム満点だし、まじで美味しいです。冒険に疲れてきた頃に食べたこともあり、パワーアップした気持ちにもなれました。

©Nintendo

ほかにも、ハテナブロック・ティラミスなどのデザートがあったり、

©Nintendo

スーパースター・レモンスカッシュといったオリジナルドリンクなど、メニューは豊富にあるので、ご飯やちょっとした休憩に立ち寄ってみてください。

まとめ

©Nintendo

スーパー・ニンテンドー・ワールドの魅力をお伝えしました。ここで紹介したものはまだまだほんの一部です。冒頭でも申し上げていますが、マリオシリーズ好きには間違いなくおすすめの場所なので、この機会にぜひ遊びに行ってみてください。

友だちのプレイプレイやゲーム実況をみるといったゲームの楽しみかたはありますが、このスーパー・ニンテンドー・ワールドに関しては実際に足を運んで体験することに価値のあるコンテンツです。ゲームが得意な得意な方は、ランキング上位も狙ってみてください。

関連リンク:スーパー・ニンテンドー・ワールド スペシャル Web サイト

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

©Nintendo