ワクチン接種証明書アプリ

デジタル庁が、新型コロナワクチン接種証明書アプリの配布を開始しました。iOS、AndroidでそれぞれApp StoreとGoogle Playからインストールが可能です。ということで、さっそくPixel 6にインストールしてみました。

その前に、いくつか注意点があります。まず前提として、自分が住んでいる自治体(市区町村)がアプリでの証明書発行に対応していないと利用できません。対応している市区町村の一覧はデジタル庁のサイトで確認できます。

また、証明書の発行にはマイナンバーカードが必須ですが、そのマイナンバーカードで旧姓併記をしている場合にもアプリは利用できません。このほか証明書アプリでは、海外向けの接種証明書も発行できます。この場合には、マイナンバーカードのほかパスポートが必要。こちらの場合もパスポートに旧姓・別姓・別名併記がある場合、パスポートとマイナンバーカードの氏名表記が異なる場合にはアプリからの発行はできません。

ワクチン接種証明書アプリ

アプリをインストールすると、先に挙げたような注意書きが表示されます。進めていくと、最後に利用規約が表示されるので、よく読んでから同意するにチェックを入れて次に進みます。なお、利用規約の全文はデジタル庁で確認できます。

次の画面で、「接種証明書を発行する」をタップ。「発行手順を確認する」を選ぶと、注意書きを最初から確認可能です。

ワクチン接種証明書アプリ

次に、国内用か海外用かを選びます。2つ同時に選ぶことも可能。また、ここで選ばなかったほうは後で追加もできます。今回は国内用で進めました。先に進むと、マイナンバーカードの入力補助用暗証番号を求められるので入力します。マイナンバーカードの暗証番号は、「個人番号カード用暗証番号」「券面事項入力補助用暗証番号」「利用者証明用電子証明書暗証番号」「署名用電子証明書暗証番号」と複数ありますが、ここで入力するのは4桁の入力補助用暗証番号です。

ワクチン接種証明書アプリ

その後、スマートフォンでマイナンバーカードを読み取ります。アプリの例がiPhoneな気がしますが、その図に惑わされずに使っているスマートフォンのFeliCa位置に合わせて読み取ります。

ワクチン接種証明書アプリ

読み取りが終わると、接種時に住んでいた自治体の選択画面となります。マイナンバーカードに登録されている自治体が表示されているはずなので、ワクチン接種後に引っ越しをしていないのであればそのままで大丈夫なはずです。引っ越しをしていたら、接種時に住んでいた自治体を選びます。

自治体を選んで「ワクチン接種記録を検索」をタップすると、自分の接種記録が表示されます。下にスクロールして、「発行する」をタップすれば発行作業は終了です。

ワクチン接種証明書アプリ

証明書の発行終了後は、アプリを立ち上げると証明書が表示されます。それをタップすると、ワクチンの種類や製造番号などの詳細情報、二次元バーコードの表示も可能です。

ワクチン接種証明書アプリ

全体を通じて入力が必要だったのは、チェックボックスを除けば暗証番号のみで、登録作業は非常に簡単でした。旧姓・別姓の問題はありますが、多くの人にとっては使いやすいのではないかと思います。

なお、複数のスマートフォンを利用している場合には、登録作業(発行作業)はスマートフォン毎に必要です。