Engadget

あらかじめ言っておきますが、細かい話です。

本日(3月5日)ついに発売開始となりましたニューVAIO Z、いいですよねー。私の周りでも多くの方が購入されており、みんなホントよくお買い物するなぁと感心しておりました。新VAIOのレビューは以下の記事をご覧くださいね。

関連: バランスが絶妙 VAIO Z SIGNATURE EDITION レビュー

新しいVAIO Zのアイデンティティとも言えるのがヒンジ部にある三角地帯(オーナメントと呼ばれています)。カーボンボディーとの見事な融合で、ほかのノートパソコンとは違うぜという主張があります。

Engadget
使用時は見えなくなるという奥ゆかしさもまたたまりません(Gif画像を使用しております、動いて見えない場合は標準ブラウザーでご覧ください)

この三角地帯を傷から守る保護フィルムが、日本一のクオリティーを誇る老舗フィルムメーカー、ミヤビックスから「例の」シリーズ第2弾として発売されました。M谷社長は「売れるかな」なんて心配してますが……。

Engadget
OverLay FLEX for VAIO Z 14.0型ワイド (2021年2月モデル) 例の三角地帯は2組セットで998円(写真の左右セットがもう1組付属します)

OverLay FLEX 例の三角地帯用 (Amazon)

Engadget
柔らかいFlexなので、フラットなスマホ画面用のフィルムと異なり貼り直しができませんが、面積が小さいので難度は高くありません

Engadget
左右それぞれ専用なので、台紙を剥がす前に当てて確認しましょう

Engadget
貼り付け後。細かいエアが完全に抜け切ってませんが、時間と共に吸着します

Engadget
貼ると光の反射の仕方が少し変わります。写真左が貼ってある状態。より光沢感が増す感じですね(黒く見えますが、実際色味は変わりません)

オーナメントが傷付きやすいというわけではありませんが、エッジにあるパーツですし、念の為保護しておくと安心かと思います。

新VAIO Zは、フルカーボンボディーによる堅牢性もウリのひとつですが、最小構成で税込み27万2580円からと、なかなかのプレミアモデル。一生使うんだという勢いでポチられた方も多いと思います。

液晶用、天板用の保護フィルム(それぞれ2750円~)もありますので、フル過保護状態にすることで、ご自身と某社長の精神衛生向上に貢献できます。

Engadget
液晶画面用は、さまざまなタイプが用意されています

OverLay Brilliant 画面用 光沢 (Amazon)

OverLay Plus 画面用 反射防止 (Amazon)

OverLay Eye Protecter 画面用 ブルーライトカット (Amazon)

OverLay Brilliant 9H 画面用 光沢 (Amazon)

OverLay Plus 9H 画面用 反射防止 (Amazon)

OverLay Magic 画面用 傷修復 (Amazon)

Engadget
天板用。カーボンの材質上、吸着には時間を要します(VAIOロゴ部分は少し浮きます)

Engadget
アンテナパーツ部分用保護フィルムもセットになっています

OverLay Brilliant 天板用 光沢

OverLay Brilliant 天板用 光沢 (Amazon)

OverLay Plus 天板用 反射防止 (Amazon)

OverLay Brilliant 9H 天板用 光沢 (Amazon)

OverLay Plus 9H 天板用 反射防止 (Amazon)

OverLay Magic 天板用 傷修復 (Amazon)

さらに(しつこくてすみませんねぇ)トラックパッド用保護もあります(998円)。

Engadget

OverLay Protector トラックパッド用 (Amazon)

画面用以外のフィルムは手触りや見た目に若干影響が出ますが、ガジェットのフィルムは保険のようなものなので、プレミアムなVAIO Zユーザーの方は、万一に備え貼っておくことをオススメします。