VanMoof
VanMoof

オランダの電動アシスト自転車メーカーVanMoofが、都市の移動を「永遠に再定義する」と豪語する高速電動自転車”VanMoof V”を発表しました。この自転車は最高速度50kmを誇り、利用する国の交通規制に合わせてその上限速度を設定できます。

VanMoof Vはデュアルモーターで前後2輪を駆動するAWD式なので加速のためのトラクションもパワフルに感じられるはず。さらにダブルサスペンションやファットなタイヤを装備しており、長距離をよりスムーズに走れるようになっています。

VanMoof
VanMoof

日本では、50cc原付バイクの法定最高速度が30km/hであり、電動自転車の最高速度はアシストありで最高速度24km/hに規制されています。VanMoof Vの50km/hは日本では完全に速度超過になるため、おそらく導入の暁にはアシストは24km/hまでに制限されるでしょう。ちなみに多くの高性能な電動アシスト自転車は速度が上がるにつれてアシストパワーが減少するようになっており、24km/hを超えるとゼロになる仕組みを備えています。それ以上の速度は、搭乗者の脚力次第で道路標識の制限速度までは速度を上げて走行しても問題はありません(いずれも車道走行時の話)。

VanMoof
VanMoof

なお、VanMoof Vは日本国内でも販売を予定しており、すでにウェブサイトで予約を受け付けています。価格は税込で45万円。日本へのデリバリーは2023年になるとのこと。

Source:VanMoof