OcusFocus
OcusFocus

Washington PostやNew York Magazineといったニュースサイトに埋め込まれた動画が、突如としてハードコアポルノ動画を再生し始めました。これは、すでにサービスを終了しているVidMeという動画ホスティングサービスの失効したドメイン名をポルノサイトの”5 Star Porn HD”が取得したことで、Webサイト上のVidMeの埋め込みコードがポルノサイトのコンテンツを拾うようになったため。

これに気づいた、かつてVidMeを利用していたサイトはすぐに元の元の動画が再生されるようにコードを修正しました。しかし対応が遅い、もしくはそもそも問題に気づいていないサイトでは職場閲覧注意な動画がいまもモロ出しになっている模様です。

米HuffPostも問題に遭遇したサイトのひとつで、たとえば「大炎上男」ことマーティン・シュクレリ氏がTwitterにアカウントを停止されたという2017年5月5日の記事に埋め込まれた動画が「ボーシャのお尻に夢中(直訳)」と題された動画などへのリンクに変わっているのが発見されました(現在は表示されません)。New York Magazineでも「ジョン・ベイナー前連邦下院多数党院内総務の気色悪いキス顔(直訳)」という記事に、立派なものをお持ちの男性が女性とアヘアヘウヒハしている画像が表示されてしまっていました(現在は表示されません)。

古いウェブページのリンク先がなくなり、正しく機能しなくなる ”リンク切れ” は昔からよくあるものです。最近のわかりやすい例としては、トランプ前大統領がTwitterから追放されたことで、そのアカウントのツイートを埋め込んでいた部分がただの空白の区画になってしまう事例がありました。

メジャーなソーシャルメディア、たとえばFacebook、Snapchat、YouTube、Instagramなどはいずれも埋め込み用コードを用意して、簡単に通常のWebサイトやブログなどにシェアできるようにしています。しかし実際にシェアする際、そのサービスが数年後に廃れて別のサービスに変わることまで考える人はおそらくいないでしょう。

ちなみに、ことの発端となったポルノサイト”5 Star Porn HD”は、今回の問題についてコメントしていません。

Source:Motherboard