Virgin Galactic
Virgin Galactic

Virgin Galcticが、SpaceShipTwoの次回テスト飛行を7月11日に実施すると発表しました。この試験飛行は創業者のリチャード・ブランソン卿を乗せる予定で、ブランソン卿は、やはり宇宙旅行を宣言しているBlue Originのジェフ・ベゾス氏よりも先に宇宙を体験することになりそうです。

11日の試験飛行はSpaceShipTwoの4度目の有人飛行で、パイロット2名搭乗者4名という初の”Full Crew”での飛行になります。ブランソン氏は乗客としてではなく、商業飛行開始後、有料でこの機体に搭乗する顧客に提供する体験の評価をするとのこと。「16年以上にわたる研究、エンジニアリング、テストを経て、Virgin Galcticは人類に宇宙を開放し、世界を良い方向に変えようとする新しい商業宇宙産業の先陣を切ります。未来の宇宙飛行士の旅を検証し、人々がVirgin Galcticに期待するユニークな顧客体験を確実に提供する手助けができることを光栄に思います」と、ブランソン氏は声明で述べました。

Virgin Galcticは6月25日に米連邦航空局(FAA)から商業宇宙旅客飛行の許可を取得しており、2022年初頭に有料の乗客を載せた最初の宇宙観光飛行の開始を目標としています。

SpaceShipTwoはロケットで打ち上げるのではなく、双胴機WhiteKnightTwoに抱えられるようにして上空へと飛び、そこからリリースされた後にロケットに点火して一気に宇宙との境界線となる高度80kmまで上昇します。乗客らはそこで数分間、無重力状態や漆黒の宇宙と青い地球の地平線の眺めを体験することができます。そしてその間に機体はゆるりと反転して降下に転じ、滑空するようにして地上の滑走路へ帰還します。

なお、Virgin Galacticは自社サイトやYouTube、Facebook、Twitterで11日の飛行をライブ配信します。またこのミッションが成功すれば、近日中に商業宇宙旅行のチケット販売を再開する予定とされています。

ちなみに、今年6月、Blue Originのジェフ・ベゾス氏は、自社のNew Shephardで宇宙旅行へ出かけることを発表しました。ベゾス氏のフライトは7月20日が予定されており、自身の兄弟や2800万ドル(約30億円)でチケットを購入した人物(まだ誰かは不明)と、ウォーリー・ファンク氏の搭乗が決まっています。ファンク氏は1960年代の女性宇宙飛行士プログラム経験者で現在81歳。女性史上最高齢で宇宙へ行くことになります。

source:Blooberg

via:CNBC