KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会は2021年5月25日から、仮想空間「バーチャル渋谷」のエリアを拡張し、神宮前交差点エリアを中心とした原宿の街をバーチャルで散策できるようにします。

バーチャル渋谷は1日に300万人が訪れる渋谷の街並をリアルに再現した仮想空間。KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会が中心となって立ち上げた「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」の取り組みの一つで、渋谷区公認の配信プラットフォームとして2020年5月19日にオープンしました。

ユーザーがスマホやVRデバイスなどにclusterアプリをダウンロードすれば、アバターに扮して友達とバーチャル渋谷を散策したり、開催されるイベントへの参加も可能です。

新エリアの原宿では2021年5月25日から2021年5月31日の間、最新のスニーカーやウェアを提供する「atmos」のバーチャル店舗の出店や、新たなスター発掘オーディションの実施など、ユーザーと共創可能なイベント「バーチャル原宿 au 5G POP DAY OUT 2021」が開催されます。

なおバーチャル渋谷は、ニューノーマル時代に向けた新たな観光・イベントのモデルケースの一つとしても注目されており、イベントの実施だけでなく、デジタル広告を発信する場としても活用できそうです。

以下は長谷部健渋谷区長のコメント全文です。

新型コロナウイル感染拡大により、この1年で生活様式や価値観が大きく変化しました。渋谷区としてはこのような変動のなか、昨年の5月に「バーチャル渋谷」がオープンし、新しい手法でのカルチャーの拡張を進めてきました。

今回も、様々な企業・団体、また原宿を愛するオリジネーターの皆様との協力のもと、バーチャルの原宿を新エリアとしてオープンします。原宿は国内だけなく、海外からも注目される「ポップカルチャーの街」としていつもトレンドを発信してきました。

今後は、バーチャル空間と連動することで、これからの時代に合わせた原宿カルチャーを作り上げ、街の魅力を底上げしたいと考えています。まだまだ、厳しい状況が続きますが渋谷区としてはこのような挑戦をし続けたいと考えています。

Source : バーチャル原宿 au 5G POP DAY OUT 2021

関連記事: