電車に乗るときは決済端末にクレジットカードをかざすだけ──。そんな行為が当たり前になるかもしれません。

鉄道運行や高速バスなどを手がけるWILLER(ウィラー)、三井住友カード、ビザ・ワールドワイド・ジャパンなどは、日本で初となる鉄道での「Visaタッチ決済」によるキャッシュレス決済サービスを、11月25日より京都丹後鉄道で開始します。

客は乗降時にVisaタッチ決済に対応したクレジットカードやデビットカードなどを車内や駅構内に設置された決済端末にかざすだけで乗降できます。

また、このサービスは均一運賃(1回券、1日券等)だけでなく、車両のGPSを活用することにより距離制運賃(距離に基づき変動する運賃)の決済もできます。

Visaタッチ決済をはじめとする、NFCを利用したクレジットカードの非接触決済は、世界中の非接触決済の標準になりつつあります。日本の場合、駅の改札機にSuicaやPASMOなどの交通系ICカードをかざすことで電車に乗れます。

一方、ニューヨークやロンドン、台北、シンガポールなど各都市の地下鉄では、交通系ICカードを使わずに手持ちのクレジットカードやクレジットカードを登録したスマートフォンをかざすだけで乗降できます。


source:WILLER